茴香餃子の作り方

茴香を買ってきて、別の冷蔵庫にいれておいたら親が勝手に餃子にいれてしまいました。いつもの親がつくる餃子に混ぜただけだから、泣きそうなほどまずいの。

残った分をかき集めて、自分で作ることに。今回は作業が忙しくて写真はなし。

餡のつくりかた

材料 ウイキョウ300g 豚挽肉400g

調味料 醤油大匙二 塩小さじ半分 ごま油大匙四

調味料をコップでまぜる。

ウイキョウを細かく切り、ボールの中で豚挽肉と混ぜる

調味料をかけまわし、全体に なじむように手でこねる

皮のつくりかた

中力粉を適当にボールにいれ、はしでまぜながらぬるま湯をかけてまとめていく。ぼろぼろの細かい断片ができてくる。十分に水がまわったら、断片を集めて固まりにし、板の上で力をいれてこねる。硬さは耳とおなじ(うどんと一緒)

丸めてボールに蓋をし、15分ほどなじませ、包丁で適当な大きさに切る。これを直径2.5cm程度の太さの棒に伸ばし、2.5cmづつ包丁で切っていく。小片は手で丸め、てのひらでまるくつぶす。

麺棒を右手、小片を左手でもち、のばしていく。30度ずつまわしながら半分のところまで麺棒をあてて一周するとちょうどきれいな円形になる。

出来た皮は、流れ作業で餡を包み、すぐにお湯にほうりこんでゆであげる。時間が経つと皮がふやけて破れるので、つくったらすぐに食べるのがコツ。

というわけで、自分はこんなにうまく皮が伸ばせるとはおもっていませんでした。できあがりは上々。遊びにきていた従姉妹や叔母もよろこんでくれました。 従姉妹にはずっと食べさせたかった(のですが、毎回宴会を誘っても振られていた)ので、ほんとうにタイミングがよかった。

Author: damarinz

原来我是北京人,现在在东京,所以我是个“北京原人“

1 thought on “茴香餃子の作り方”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *